遮熱hat

成形機ノズルと金型を遮熱!

成形の悩みを解決!

糸引き防止に効果 省エネ効果 金型の熱溜まりを軽減

お客様の声

AS樹脂(アクリロニトリルスチレン)を成形時に遮熱hatを使うと糸引き防止に効果がありノズル設定温度も230℃から205℃に下げても同じ品質の製品が成形できた。
また樹脂の流れも改善され成形圧力を下げることができた。

糸引き防止の比較写真

成形実験データ

  • 省エネ効果
  • 金型の熱溜まりを軽減

熱可塑性金型使用事例と熱硬化性金型使用事例の場合

  • ※効果は樹脂によって違います。
  • ※本製品の使用時には、従来の成形条件に調整が必要となる場合があります。

成形の品質を向上する遮熱ハット金型と成形機ノズルを遮熱する「遮熱hat」(特許出願中)は熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の成形の悩みを解決します。成形条件の安定糸引きや鼻たれの減少、ノズル内の樹脂固化の防止に効果があります。また、工場の省エネにも有効で当社の測定データでは消費電力約22.4%削減しています。

TEL 06-6911-1183
ご注文お問い合わせはこちら

近畿経済産業局発行の「関西ものづくり新撰2017」に遮熱hatが掲載されました。

メディア掲載

2017.06.15
「Plastics Science」誌(2017年6月号)に掲載されました。
>詳しくはこちら
2016.10.20
「プラスチックスエージ 11月号」に掲載されました。
>詳しくはこちら
2015.09.15
「型技術」2015 VOL.30 NO.9に掲載されました。
>詳しくはこちら
2015.07.09
「金型 KANAGATA」NO.161に掲載されました。
>詳しくはこちら
2015.04.10
「月刊生産財マーケティング4月号」に掲載されました。
>詳しくはこちら
2014.12.10
日本プラスチック工業連盟誌「プラスチックス第12号」に掲載されました。
>詳しくはこちら
2014.07.12
7月11日発刊の日刊工業新聞に掲載されました。
>詳しくはこちら

新日本テックの得意技