テックニュース

一覧はこちら

2015年10月13日

「第12回2015年超モノづくり部品大賞」の贈賞式が10月13日に行われ、当社は「遮熱hat」にて奨励賞を受賞しました。

モノづくり日本会議と日刊工業新聞社が優れた部品・部材を表彰する「第12回2015年超モノづくり部品大賞」の贈賞式が10月13日の東京都千代田区のホテルグランドパレスにて行われ、当社は「遮熱hat」にて奨励賞を受賞しました。

贈賞式の様子(写真提供:日刊工業新聞社)

【超モノづくり部品大賞とは
極端な円高傾向が是正され、わが国の製造業に活気がもどりつつあります。

少子高齢化やグローバル化の時代を迎えて、日本のモノづくり力の維持・強化、付加価値の高いモノの供給が大きな課題となっています。日本の産業界は機械や電機、自動車から生活関連に至るまで、数多くの優れた製品を生み出しています。こうした完成品を支えているのが、製品の機能・経済性などを実現する部品や部材です。 モノづくり日本会議と日刊工業新聞社は、日本のモノづくりの競争力向上を支援するため、産業・社会の発展に貢献する「縁の下の力持ち」的存在の部品・部材を対象に「モノづくり部品大賞」を実施しています。

2015年に12回目を迎えます。04年に「モノづくり部品大賞」として創設し、08年に現名称になって「機械」「電気・電子」「自動車」「環境関連」「健康・医療機器」「生活関連」の6分野を表彰対象としています。受賞部品は11年間で累計392件にのぼります。

日本の産業界には、災害に強い国土の形成や環境・エネルギー問題の解決、さらなる顧客満足度の向上などに向けて、新しいモノづくりが求められています。 技術革新や新市場創造には、優れた部品や部材が欠かせません。日本のモノづくりに寄与する卓越した部品・部材を広く募集いたします。
超モノづくり部品大賞HPより抜粋)

(C) 2006 SHIN-NIHON TECH INC.