テックニュース

一覧はこちら

2017年1月20日

当社の遮熱hatが、近畿経済産業局の関西ものづくり新撰2017に選定されました。

この度、当社の「遮熱hat」が「関西ものづくり新撰2017」に選定されました。
「関西ものづくり新撰」は、販路開拓に意欲のある関西ものづくり中小企業が独自に開発した製品・技術のビジネス拡大を応援する経済産業省 近畿経済産業局の表彰制度です。
これもひとえに、開発を支援いただきました多くの皆様と、お客様各位のご愛顧のお蔭と、社員一同心より御礼を申し上げます。
この表彰を受けまして、更なる商品開発力と技術力の向上に注力し、皆様のご期待にお応えできるよう精励してまいります。
今後とも、皆様の変わらぬご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。
代表取締役社長 和泉 康夫

「関西ものづくり新撰2017」

発行元:経済産業省 近畿経済産業局

関西ものづくり新撰2017 [ PDFファイル ] 〉

【遮熱hat】(詳細はこちら)
プラスチック射出成形機のノズルと金型の間に装着し、双方の熱移動を抑える遮熱・断熱部品です。プラスチックの射出成形では、成形機ノズルと金型間に熱移動が生じるため、金型に熱溜りが発生し、スプルーの糸ひきやちぎれなど、成形品質の不安定につながります。そこで当社は、双方の熱移動を抑える「遮熱hat」を開発しました。
全縁ツバ付き帽子状の金属部品で、低熱伝導率のステンレス製の外形部品とメッシュ構造体からなり、メッシュ空間には真空バルーン構造の独自塗料を充填し、遮熱・断熱効果を高めました。これにより、樹脂の糸ひき防止や、成形品質の安定による成形不具合品の削減、省資源・省エネ等の効果があります。
(経済産業省近畿経済産業局ホームページ掲載記事)
Get Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe社が無償で提供するADOBE READERが必要です。
(C) 2006 SHIN-NIHON TECH INC.