Q&A

ご質問で多い内容等をQ&A形式で掲載しています。その他お気軽にお問い合せ下さい。

  • 当社の特徴編
  • 当社の技術編
  • 納期・費用編
  • 受注体制編
  • SNフッ素コート編
  • かす上がり防止レーザ加工編
  • イエプコ処理編
  • 冷却スプルーブッシュ編
  • ダイヤモンド金型部品編

かす上がり防止レーザ加工編

市販で販売されているかす上がり対策ダイとの違いは何でしょうか?
かす上がり防止レーザ加工では、ダイの切刃下からでもレーザ加工を施すことができますので 製品にバリが発生しません。また、ワイヤー放電で加工する溝よりも凸がはっきりとしており、かすの食らいつきの効果も大きくなります。
どの程度の大きさまで加工可能でしょうか?
□100mmのワークまで加工が可能です。
納期はどの程度でしょうか?
通常は1週間程度です。短納期でも対応させていただきますので、お問合せください。
寿命はどの程度でしょうか?
被加工材の材質や板厚等によって変わります。実績ではベリリウム銅t0.05材の高速打抜きプレス金型で、従来のかす上がり対策を施した場合、5〜20万ストローク毎に金型のメンテナンスを行っていましたが、かす上がり防止レーザ加工を導入後、280万ストロークでもかす上がりの発生がなく稼働中です。
(C) 2006 SHIN-NIHON TECH INC.