Q&A

ご質問で多い内容等をQ&A形式で掲載しています。その他お気軽にお問い合せ下さい。

  • 当社の特徴編
  • 当社の技術編
  • 納期・費用編
  • 受注体制編
  • SNフッ素コート編
  • かす上がり防止レーザ加工編
  • イエプコ処理編
  • 冷却スプルーブッシュ編
  • ダイヤモンド金型部品編

当社の特徴編

なぜ新日本テックは精密加工にこだわっているのでしょうか?

 携帯電話やパソコン、デジタル家電などの製品は、かつて想像も出来ない勢いで小型・高機能化しており、私たちの快適で豊かな生活を創出してきました。
その背景には、さまざまな技術の集積がありますが、中でも微細精密加工の貢献には目を見張るものがあります。新日本テックは、ますます高度化するお客様のニーズに、きめ細かくお応えできるよう、常に最新技術を導入し、より微細で精密な加工に果敢に挑戦しています。設計からの完成金型一式のご注文はもとより、図面ご支給による金型部品単位のご注文や、一部工程のみの加工依頼にもきめ細かく対応いたします。

 私たちは、微細加工には3つの要素が必要だと考えています。
第一に、最新微細加工システムの積極導入です。車に例えると、最新技術の結晶であるF1レースマシンの導入と、レース環境の整備に当たります。技術者であるメカニックが、細心の注意と技術で創り上げた最新マシンも、最適な環境の整備なくしては、そのすばらしい性能をフルに発揮することはできません。私たちは、工場内の温度や湿度、振動などを最適に管理し、最新技術の導入に意欲的に取り組んでいます。

 第二に、加工技術の高度化です。F1マシンを駆り立てるドライバーの運転技術こそ、優れたマシンに命を吹き込む原動力です。新日本テックでは、技術者・技能者が、自らの感覚と感性を磨き、最新の微細加工システムを駆使して、従来では成し得ない優れた品質と高い生産性に積極果敢に挑戦しています。

 第三に、微細加工が創り出す「新たなものづくり」の可能性発見と、「新しい価値の創造と発信」です。ドライバーを目的地まで快適かつ安全、確実に案内するのはカーナビゲーションシステムです。微細精密な金型パーツも、金型として組み合わせてこそ、その相乗効果による高性能を発揮します。私たちは、お客様への積極的な技術提案と各種精密金型の設計開発を通して、「新たなものづくり」の可能性を発見し、ものづくりの地図に新たな道を刻むことにより「新しい価値の創造と発信」を進めてまいります。

 新日本テックは、こうした考えに立ち、微細精密加工の可能性に挑戦し、豊かな未来の創造に貢献する企業を目指しています。

新日本テックの強みは、何でしょうか?
社内で各種最新の機械加工(切削加工、研削加工、放電加工、特殊仕上げ処理)と金型設計製作(2次元、3次元)が可能であり、ますます高度化するお客様のご要望にきめ細かくお応えできることが、わが社の強みです。また、自社設計金型(プレス型・プラ型)で十分な検証と実績を積んでいるため、お客様でお困りの問題点にも、プラスアルファのご提案をさせていただくことができます。
主な製品はどのようなものでしょうか?
電子部品製造用などの小物精密金型部品の加工を得意にしております。超硬合金、セラミックスなどの高硬度耐磨耗材料や、合金工具鋼(SKD11やSKH51など)の焼入れ後加工を±0.001レベルまでの精度で加工いたします。
環境や品質への取り組みについて教えてください。
新日本テック本社工場は、「品質マネジメントシステムISO9001:2008」及び「環境マネジメントシステムISO14001:2004」を取得しており、その積極的な維持・更新により、全社員一丸となって「顧客満足への限りない挑戦」を行うとともに、「地球環境の保全を重視し、地域社会への環境側面に配慮する」共生タイプの優良企業を目指しています。
詳しくはこちら
(C) 2006 SHIN-NIHON TECH INC.