株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

圧入(press fit)[ あつにゅう ]

入れ子等の部品を穴に圧力を加えてはめ込む方法で、圧入する部品の寸法は、穴の寸法より両側寸法で0.001~0.003㎜程度大きく設定する。この圧入寸法が大きすぎると部品が破損する恐れがあり、小さすぎると穴の中で入れ子が動くため、部品の位置精度が確保できない。また、圧入する部品には導入部と呼ばれる誘い込み部(図参照)を設けることにより、入れ子が穴に対して真っ直ぐに挿入されるため、穴への挿入が簡単になる。この導入部は、部品外形に対して片側寸法で0.01~0.02㎜程度小さく加工する。当社では、金型組立の効率化や入れ子の破損防止の目的で、入れ子に導入部を設けたり、穴と入れ子のはめあい具合が適正になるよう入れ子の寸法を設定している。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

社長 和泉(いずみ)または、営業課 笹岡(ささおか)係長までご連絡をお願いします。