株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

アップカット[ あっぷかっと ]

切削や研削において、図のように製品の送り方向と切刃の回転方向が逆になる加工方法をアップカットという。切刃の加工方向と工作物の送り方向の関係により、アップカットとダウンカットの2種類の方法がある。切刃の回転方向と送り方向により、加工状況は大きく異なるため、使いわける工夫が必要。アップカットでは、切刃が工作物に対して離れようとする力が発生するため、ビビリが発生しやすく工具の寿命が短くなる。ダウンカットと異なり、切り込み量を多くとることができるため、粗加工に多く用いられる。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

社長 和泉(いずみ)または、営業課 笹岡(ささおか)係長までご連絡をお願いします。