株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

幾何公差(geometrical tolerance)[ きかこうさ ]

幾何公差はどの図面にも入っているのではなく、必要に応じて使用される公差。
例として下記の幾何公差を紹介。

① 真直度公差
② 平面度公差
③ 円筒度公差
④ 平行度公差
⑤ 位置度公差
⑥ 同軸度公差/ 同心度公差

 

① 真(しん)直(ちょく)度公差


円筒の直径を示す
寸法に公差記入枠が結ばれている場合、その円筒の軸線は直径0.08mmの円筒内に無ければならない。

② 平面度公差


この表面は、0.08mmだけ離れた2つの平行な平面の間に無ければならない。

③円筒度公差


対象としている面は、0.1mmだけ離れた2つの同軸円筒面の間になければならない。

④平行度公差


指示線の矢で示す面はデータム平面Aに平行で、且つ、指示線の矢の方向に0.01mmだけ離れた2つの平面の間になければならない。

⑤位置度公差


指示線の矢で示した点はデータム直線Aから60mm、データム直線Bから100mm離れた真位置を中心とする直径0.03mmの円の中になければならない。

⑥同軸度公差


指示線の矢で示しM軸線は、データム軸線Aを軸線とする直径0.01mmの円筒の中になければならない。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

社長 和泉(いずみ)または、営業課 笹岡(ささおか)係長までご連絡をお願いします。