株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

けがき(marking-off)[ けがき ]

鋭い工具で製品の表面に加工基準となる線や穴位置などを描く作業のこと。けがきに使用する器具はハイトゲージ、トースカン、コンパス、ポンチなどがある。当社の加工現場では、定盤(じょうばん)上に置いたハイトゲージの先端で、製品に必要な寸法をけがく。ハイトゲージの先端部など、線を引く工具は主に超硬や焼入れ鋼で製作する。高硬度だが次第に摩耗するので、当社では適宜研磨して尖らせている。けがくときには何回も往復すると線がずれやすいため、あまり力を掛けず一回でサッと引くほうが正確に線を引くことができる。けがくときの進行方向の角度によって深さを調節することもできる。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

社長 和泉(いずみ)または、営業課 笹岡(ささおか)係長までご連絡をお願いします。