株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

スキャロップ(別名カスプ)[ すきゃろっぷ ]

ボールエンドミルを使用して3次元切削加工をする際、加工面に削り残しとして発生する尖った凹凸形状をさし、別名カスプとも呼ぶ。尖った削り残しの高さをスキャロップハイトという。
スキャロップハイトが面粗度に大きく影響するため、面粗度を向上するには工具経路の重ね合わせを多くとる必要があり、加工時間も長くなる。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

社長 和泉(いずみ)または、営業課 笹岡(ささおか)係長までご連絡をお願いします。