株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

超硬合金(Cemented Carbide)[ ちょうこうごうきん ]

タングステン等の炭化物をコバルト等の鉄系金属で焼き固めた合金で、一般に超硬と呼ばれる。第一次世界大戦中にドイツで開発され、工具や大砲の砲弾に使われた。粒子を超微粒子化して、高強度・高硬度化が図られており、金型などの耐磨耗材料として広く使用されている。当社は超硬合金の微細加工を得意としている。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

【金型部品  開発営業部】
小山田  または  和泉大輝

【金型設計  開発営業部】
才加志  または  筒井

までご連絡をお願いします。