株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

ドリル(drill)[ どりる ]

穴あけを行う工具の一つ。ドリル先端には切れ刃とノミの部分(チゼルエッジ)があり、この先端部とらせん状に形成される刃溝によってドリルが構成される。切りくずは、この刃溝に沿って加工箇所から排除される。もし切りくずが連続する状態で掘り進めると、切りくずがドリルに絡まり、製品の不具合や事故の原因となる。このような事態を防ぐため、ドリルを断続的に送って切りくずを小片化する。また、ドリルを断続的に切り込むことにより、切削油も加工点に届きやすくなるため、加工熱も除去でき、焼きつきや構成刃先の生成も防止することが可能。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

社長 和泉(いずみ)または、営業課 笹岡(ささおか)係長までご連絡をお願いします。