株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

ハイス SKH[ はいす えす・けい・えいち ]

高速(ハイスピード)工具鋼の略称。当社では、SKH51(Sはスチール、Kは工具鋼、Hは高速のハイスピード、51は種類番号)を多く使用する。ドリルなどの回転工具は、切削時の熱で硬度が下がるため切削油で冷却しつつ使用するが、ハイスは焼き戻し温度が540℃以上と高温で耐熱性に優れており、高速で切削加工が可能な工具材料として、ドリルやエンドミルに広く使われている。研削時に反(そ)りが少ないのも特徴。当社はSKH51等の鋼やセラミックス、焼結ダイヤモンドの加工を多く手掛けている。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

社長 和泉(いずみ)または、営業課 笹岡(ささおか)係長までご連絡をお願いします。