株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

鼻タレ(Drooling)[ はなたれ ]

鼻タレとは、樹脂の射出成形において、成形機のノズル内部に残った樹脂が熱で溶融し、ノズル先端から鼻たれ状に垂れ落ちる現象です。
成形機のノズル温度や樹脂温度、成形機の圧力が高いために、鼻タレが発生することがあります。鼻タレした樹脂が金型に付着すると、金型の破損につながるため注意が必要です。
一般的には、成形直後に成形機のノズル先端の設定温度を下げ、樹脂を固めることで鼻タレを防止します。
成形品質を保つためにノズルの温度を下げることができない場合には、鼻タレや糸引きが発生しがちです。
そのような時には、当社の遮熱hatや冷却スプルーブッシュが有効です。

 

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

社長 和泉(いずみ)または、営業課 笹岡(ささおか)係長までご連絡をお願いします。