株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

ヤング率(Young’s modulus)[ やんぐりつ ]

ヤング率とは、材料が弾性領域において、受ける力に対して元に戻ろうとする力、つまり弾性変形に必要な力を示す値で、考案者のトーマス・ヤングにちなんで名づけられました。ヤング率は、縦弾性係数ともいい、弾性変形における応力とひずみの間の比例定数をさします。
ダイヤモンドのように、曲げやねじりに対して変形しにくい材料はヤング率が約1000㎬と大きいです。
鉄、アルミ、銅などの身近な金属のヤング率は、鋼が約210㎬、銅が約130㎬、アルミが約70㎬と大きく異なります。
破壊靱性率や抗折力は材料の「強度」をあらわしますが、ヤング率は材料の「弾性変形に必要な力」をあらわします。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

【金型部品  開発営業部】
小山田  または  和泉大輝

【金型設計  開発営業部】
才加志  または  筒井

までご連絡をお願いします。