株式会社新日本テック

新日本テック技術用語集 テクショナリー:TEC-tionary

ヒール(heel)[ ひーる ]

プレス金型で使用される抜きパンチには、「ヒール」と呼ばれる機構をつけることがあります。
正式には「バックアップヒール」と呼ばれ、主にパンチの片側で抜きをおこなう際に使用します。
パンチの片側のみに打ち抜きの負荷がかかると、パンチは負荷の少ない方向へ逃げてしまいます。その結果、パンチとダイの隙間であるクリアランスが広くなり、バリの発生や、ダイとパンチの干渉、パンチの破損などにつながるおそれがあります。
ヒールがあると、ヒールが先にダイに入り、パンチが負荷の少ない方向に逃げるのを防ぐことができます。
ヒールの背中の部分のクリアランスを狭めることで、より高精度な抜きをおこなうことができます。

生産性が向上する製品をお届け!新日本テックの得意技

お電話でのお問い合わせ

06-6911-1183

【金型部品  開発営業部】
小山田  または  和泉大輝

【金型設計  開発営業部】
才加志  または  筒井

までご連絡をお願いします。