遮熱ハット

成形機ノズルと金型を断熱!

金型と成形機ノズルを遮熱する「遮熱hat」(特許取得)は樹脂の射出成形における悩みを解決します。

特許取得遮熱ハット

  • 遮熱ハット
  • 遮熱ハット
成形不良品の削減で生産性を向上!

金型と成形機ノズルを遮熱・断熱する「遮熱hat」(特許取得)は樹脂の射出成形における悩み事を解決します。成形条件の安定、糸引きや鼻たれの減少、ノズル内の樹脂固化の防止に効果があります。また、工場の省エネにも有効で当社の測定データでは消費電力を約22.4%削減しています。
カタログダウンロードはこちら

受賞歴

  • 2021年 令和3年度近畿地方発明奨励賞受賞
  • 2017年 関西ものづくり新撰2017に選定
  • 2016年 おおさかエコテック「ゴールドエコテック」に選出
  • 2016年 プラスチック成形加工学会技術進歩賞受賞
  • 2015年 “超”モノづくり部品大賞奨励賞受賞
新たにノズル径19mm対応の遮熱ハットを発表

多くのご要望にお応えし、従来の成形機ノズル径10mm対応の標準タイプに加え、新たにノズル径19mm対応の遮熱ハットを発表しました。

SR10(標準品)

SR10(標準品)

SR19(新製品)

SR19(新製品)

糸引き防止

糸引き防止糸引きとは?

成形実験データ

データ①:金型の熱溜りを軽減(樹脂ABS、型温設定50℃)

金型の熱溜りを軽減

データ②:省エネ効果(樹脂PMMA、型温設定105℃)

省エネ効果

効果のイメージ

遮熱hat【無】
遮熱hat【無】
遮熱hat【有】
遮熱hat【有】

お客様の声

AS樹脂成形時に、糸引きを防止でき、ノズル設定温度を230℃から205℃に下げても同じ品質の製品が成形できました。また樹脂の流れも改善され成形圧力を下げることができました。

お客様 穴径
(標準φ3)
樹脂 遮熱hatの効果例
糸引き防止 ノズル設定温度(℃) 省資源 その他の効果
A社 φ2 46 ナイロン添加剤 20% ノズル温度を下げる事ができた   成形毎のノズルバックが不要になった
B社 φ3 セラミックコンパウンド -    
C社 φ3 66 ナイロン 275→265    
D社 φ3 - -   樹脂多種、糸引き発生毎に使用
E社 φ3 ABS 240→225   成形ピーク圧が10~20MPa下がった
F社 φ3 AS 230→205    
G社 φ3 PMMA -    
H社 φ3 ナイロン系 -    
I社 φ3 ABS / PP - / 165→185    
J社 φ3 PP - 不良削減◎ 成形機への樹脂の巻き付きが無くなった
K社 φ3, φ2 PC -    
L社 φ3 PA6(ナイロン)/ POM(ジュラコン) 220→240 / 180→190   基本成形条件の温度まで糸引きなく昇温できた
M社 φ3 POM(ジュラコン) 190→180    
N社 φ3 PA 添加剤 35% 310→305    
O社 φ3 66 ナイロン 300→280   ノズルの破損を防ぐ緩衝材にもなる

メディア掲載

  • 2021.02.15 株式会社ミスミ様の公式YouTubeチャンネルに動画が公開されました。
  • 2017.06.15 「Plastics Science」誌(2017年6月号)に掲載されました。
  • 2016.10.20 「プラスチックスエージ 11月号」に掲載されました。
  • 2015.09.15 「型技術」2015 VOL.30 NO.9に掲載されました。
  • 2015.07.09 「金型 KANAGATA」NO.161に掲載されました。
  • 2015.04.10 「月刊生産財マーケティング4月号」に掲載されました。
  • 2014.12.10 日本プラスチック工業連盟誌「プラスチックス第12号」に掲載されました。
  • 2014.07.12 7月11日発刊の日刊工業新聞に掲載されました。

お問い合わせ

株式会社新日本テック
〒538-0035 
大阪市鶴見区浜2丁目2番81号
アクセスマップ
06-6911-1183
受付時間:8:30~17:00
(日・祝・休日の土曜日を除く)

営業課 和泉大輝、小山田まで
TOP